メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

臨時ブログ便 初夏のおすすめスポットとご朱印巡り

いつもザ グラン リゾート エレガンテ京都をご利用頂き、誠にありがとうございます。ザ グラン リゾートエレガンテ京都のブログ担当の福岡です。

桜シーズンも終わり、新緑が綺麗な過ごしやすい季節と、なりましたが、皆様、初夏のご予定はお決まりでしょうか?

今回は季節の情報をいちはやくお伝えする為に、臨時ブログ便としてスタッフおすすめ初夏の観光モデルコースとして【銀閣寺】~【哲学の道】~【熊野若王子神社】のコースと各お寺・神社でいただけるご朱印をご紹介させて頂きます!

まず、出発地点として、市バスの「銀閣寺道」からのスタートします!
※市バス【銀閣寺道】へのアクセス方法
・【ホテルから】
ホテル → 徒歩約10分 → 市バス【堀川今出川】乗車
→ 市バス203系統 → 市バス【銀閣寺道】下車
・【阪急】
阪急【烏丸駅】→ 市バス【四条烏丸】乗車
→ 市バス203系統 → 市バス【銀閣寺道】下車
・【京阪】
京阪【祗園四条】→ 市バス【四条京阪前】乗車
→ 市バス203系統 → 市バス【銀閣寺道】下車

市バス【銀閣寺道】の停留所から歩いていくとすぐに【哲学の道】と書かれた看板があります。

DSC01896

ここから【哲学の道】がスタートします!

DSC01897

しばらくあるいていると銀閣寺の参道に到着です。

DSC01898

参道は色々なお店が出ていて、賑わっていました!

DSC01902

参道をすぎると銀閣寺が見えてきました!

※銀閣寺(ぎんかくじ)
正式には慈照寺といい、臨済宗相国寺派の境外塔頭。足利義政が造営した東山殿を、
義政の死後、夢窓疎石を勧請開山に禅寺として創建。国宝の観音殿(銀閣)は、創建当時の風雅な姿をそのまま残す。東求堂の同仁斎は現存最古の書院造の部屋。銀沙灘(ぎんしゃだん)と呼ばれる白砂や、台形の向月台(こうげつだい)が配された庭園は、月を愛でる趣向が伺える名園であり、国の特別名勝・特別史跡に指定されている。

銀閣寺のご朱印です!→DSC02084

さっそく拝観料を支払い、銀閣寺の境内へ!!

DSC01908

境内は青もみじや苔がとても綺麗で、そのほかにも春の花がいっぱい咲いていました!

また境内の高台に登ると銀閣寺境内を見渡せます!

DSC01930

この日は天気がよかったので高台からの眺めは最高でした!!

DSC01950

銀閣寺近くのお店で抹茶とバニラのソフトクリームを購入。

休憩した後は次の目的地である【法然院(ほうねんいん)】に向かいました!!

DSC01952

銀閣寺から徒歩で約10分で法然院に到着です!

【法然院(ほうねんいん)】
建永元年(1206)に法然上人が弟子とともに六時礼讃をつとめたと伝える旧跡。延宝8年(1680)、万無心阿が上人を偲び念仏道場として再興した。善気山の清々しい山気に満ち、粛然とした気配がいまも漂っていて、参道をのぼると数寄屋風の茅葺きの山門が新緑に囲まれて訪れる人を受け入れてくれます。門をくぐると両側に砂盛りがあり、お坊さんが描いた白砂に文様があります。

法然院のご朱印はこちら→DSC02086

この法然院も青もみじや苔がとても綺麗で、訪れている人も少なく、ゆっくりと楽しむことができました!

DSC01953 DSC01960

法然院の拝観後は【哲学の道】に向かい、次の目的地である【大豊(おおとよ)神社】を目指します!

DSC01975

DSC01996

道中は青もみじや山吹などの春の花が綺麗で、歩いていてとても気持ちがよかったです!

道の途中で気になるものを発見しました!

DSC01981

紫色の花びらが特徴で、これでも桜だそうです。

珍しい桜を鑑賞した後は大豊神社へ向けて出発です!

DSC01998

新緑の哲学の道に歩いていると目的地である【大豊神社】に到着です!

※大豊神社(おおとよじんじゃ)
哲学の道近くにたたずむ神社。平安時代初期に宇多天皇の病気平癒祈願のために創建されたのがはじまり。境内の末社には狛犬ではなく、ネズミやサル、トビやヘビなどの珍しい神使いが鎮座している。

大豊神社のご朱印はこちら→DSC02088

DSC02012

境内にある【狛ねずみ】には椿の花が髪飾りのように置いてあり、可愛らしかったです!

DSC02004

大豊神社を散策後はゴール地点である【熊野若王子神社】に到着です!

DSC02023

※熊野若王子神社(くまのにゃくおうじじんじゃ)
哲学の道の終点・若王子橋のすぐ近くに佇む神社。後白河法王が永暦元年(1160)に熊野権現を勧請したのが始まりで、熊野神社・新熊野(いまくまの)神社とともに京都三熊野のひとつに数えられる。今では、道中安全祈願や進学、縁結びの神様として若い人にも人気を呼んでおり、またサッカー日本代表のユニフォームでおなじみの八咫烏(やたがらす)が梛の葉を加えているマークはこの神社のシンボルです。辺りは、室町時代に足利尊氏・義政が花を愛でる宴を開いたといわれる桜の名所であり、秋には一面鮮やかな朱に染まる紅葉の名所でもある。

熊野若王子神社のご朱印はこちら→DSC02090

DSC02027

境内にある休憩所では藤の花が咲き始めていました!

DSC02026

皆様いかがだったでしょうか?この時期の哲学の道は人も少なくゆっくりと新緑や春の花を楽しんでいただけますので、初夏の京都にご宿泊頂き、今回のコースを参考にしてみて下さい!

今回のコースはこちら→ブログ地図

京都ではGW期間のみで開催しているイベントがあります!

その他のおすすめスポットはこちら↓

京都GWおすすめ GW夜のおすすめスポット

ゴールデンウィーク期間もまだまだお部屋があいている日がありますので、是非、京都にご宿泊下さい!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加