メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

城下町大聖寺(だいしょうじ)を訪ねて【寺院編】

盛夏の候 皆様におかれましては、益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

今回のブログはGR加賀の開發が担当させて頂きます。

かつての城下町、大聖寺の寺院群を紹介いたします。

まず大聖寺は、江戸時代において大聖寺藩により統治されていました。大聖寺藩は加賀藩前田家の分家で、本家の百万石に比べ、十万石と小さな城下町でした。初代藩主は加賀藩三代目藩主・前田利常の三男利治で、以後14代まで、新時代の明治まで232年間続きました。

大聖寺支藩系図

大聖寺には隣の越前との国境付近であったところに、大聖寺藩が意識的に寺社を集めたと言われる場所があります。それが今回紹介させていただく寺院群で、山ノ下寺院群と呼ばれ、7寺院、1神社が並んでいます。

地図(大聖寺山ノ下寺院群)

地図(大聖寺山ノ下寺院群②拡大)

実性院(じっしょういん)035

曹洞宗のお寺です。

大聖寺藩前田家の菩提寺で、初代から14代までの歴代藩主の墓があります。秋には境内に多くの萩が咲き、「白萩の寺」としても知られています。

その他、境内には・・・

    十六羅漢堂                030

1820年制作の持国天や毘沙門天が安置

②蓮光寺(れんこうじ)040

日蓮宗のお寺です。

本堂の柱や天井は1643年の創建当時のもので、柱は金沢城の残材を使用しています。

039

③久法寺(きゅうほうじ)041

法華宗のお寺です。

日本で初めて鉛筆を作った柿澤理平(かきざわりへい)のお墓があります。

④全昌寺(ぜんしょうじ)048

曹洞宗のお寺です。

松尾芭蕉が奥の細道の旅で泊り、句を詠みました。境内に句碑があります。

044

             五百羅漢像046

五百羅漢像は江戸時代末期の作で、517体の仏像が安置されています。

047     045

一体ごとの顔、表情、しぐさ等々が異なり、仏師のユーモアやセンスが光っています。

勝手ながら517体のベスト1位は↑に決定。

⑤正覚寺(しょうがくじ)049

浄土宗のお寺です。

「履行(くつばき)阿弥陀如来」と呼ばれる、靴を履いた珍しい如来像があります。

⑥宗寿寺(そうじゅじ)051

日蓮宗のお寺です。

大聖寺藩の関所の門が払い下げられ、山門として移設されています。

⑦本光寺(ほんこうじ)055

法華宗のお寺です。

「日本百名山」の著者、深田久弥の墓があります。

⑧神明宮(しんめいぐう)059

山ノ下寺院群では、唯一の寺社です。

1868(明治初)年の神仏分離まで、境内には真言宗慈光院がありました。

以上、城下町大聖寺の寺院群の紹介でした。

大聖寺は小さな城下町でしたが、九谷焼・大聖寺絹・北前船等で発展してまいりました。

大火や洪水で藩政期の町並みがかなり失われましたが、道路事情は近世の道路網とほとんど変わっていません。ぜひその面影が点在する落ち着いた街並みを散策してみませんか?

大聖寺城址を散策地図(大聖寺城址・大聖寺山ノ下寺院群)

060    065

歴史を知る上で、やはり城散策は欠かせません。当時の映像がかき立てられます。実はこのブログを作成するまで、恥ずかしながらてっきり大聖寺藩前田家が大聖寺城に住んでいたと思っていました。知ると奥が深く、おもしろいですね。

大聖寺城と歴史

南北朝時代から江戸時代初期まで、標高約65mの錦城山に存在した平山城でした。前田家の加賀藩が成立するまで、数々の城主が統治していました。1600年の関ヶ原の戦いでは、当時の城主、山口宗永が西軍に付いたため、東軍の前田利長が大軍で大聖寺城に攻めてきました。城は落城し、宗永は自刃しました。1615年の一国一城令により大聖寺城は廃城となり、城のあった錦城山は『お止め山』として入山を厳しく禁止されてしまいました。

本丸に山口宗永の石碑が建てられています061

散策道としては多少険しい場所がありましたが、逆に自然らしさを感じることができました。藩政時代の入山規制があったことで、自然で保存状態が良好なんですね。現在この城址は地元保存会によって守られています。歴史ある貴重な城址がいつまでも後世に残ることをお祈りいたします。

★★★観光・イベント情報★★★

白山白川郷ホワイトロード

石川県と岐阜県を結ぶ白山国立公園内のドライブコースです。ザ グラン リゾート下呂との連泊プランを開催中。ご当地土産やポイント倍率UPの特典あり。

花火大会

8月1日(火)~31日(木)の期間、毎日約10分、ホテル前の柴山潟で花火が打ち上がります。

★20日(日)は大花火大会。40分の打ち上げです。最後の大玉連発は館内が揺れる!?

小松基地航空祭

9/18日(月・祝)開催決定!間近で見る戦闘機の迫力は圧巻。ブルーインパルスも見れるかも!?

※ホテルからの送迎はありません。各自、臨時シャトルバス等をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加