メニュー

ザ グラン リゾート | リゾートブログ

Google+
  1. HOME
  2. リゾートブログ

臨時ブログ便~京都の新アート“モシュ印”と“コケ寺リウム”~

皆様、いつもザ グランリゾート エレガンテ京都をご利用頂き、誠にありがとうございます。
京都のブログ担当福岡です。

過ごしやすい季節になり、京都ではハイシーズンである【秋の観光シーズン】がやってきます!

今回のブログでは京都に誕生した新アート【モシュ印】と【コケ寺リウム】そして、おすすめランチスポットをご紹介させて頂きます!

まず、ご紹介させて頂くスポットは【建仁寺】です!
京都最古の禅寺であり、俵屋宗達の屏風画「風神雷神図」(国宝)を所蔵することで有名な【建仁寺】。町家や石畳など京情緒あふれる花街・祇園にあり、アクセスも便利な京都屈指の観光地にありますが、境内に入ると落ち着いた雰囲気に包まれます。

DSC00001 DSC09949

そのスポットにこの秋公開されているのが【モシュ印】と【コケ寺リウム】です!

“モシュ印” とは、苔の英訳単語である“moss(モス)”“御朱印”をかけ合わせて作られた造語。墨書きされた文字の部分に、苔を敷き詰めて御朱印を再現するというアート作品です。
大きさは“縦1.5メートル x 横1メートル”というサイズです。

“コケ寺リウム”とは、近年、お部屋を飾るインテリアとして人気の“苔テラリウム(コケリウム)”と“寺”をかけ合わせた造語。ガラス容器の中に、寺院を代表する建造物のジオラマ苔で再現したお庭を配したミニチュアアートです。

現在公開されている建仁寺のモシュ印はこちら↓

DSC09956

建仁寺を代表する「潮音庭」・「○△□乃庭(まるさんかくしかくのにわ)」・「大雄苑」の
コケ寺リウムはこちら↓

DSC09988「潮音庭」

DSC09964「○△□乃庭」

DSC09959 「大雄苑」

建仁寺の中でも私のおすすめスポットは「コケ寺リウム」で再現されている「潮音庭」です!

DSC09974

こちらの庭は大書院と小書院、回廊に囲まれ、四方からお庭を眺めることができます。

これから秋にかけてはモミジが深紅に染まり、そのモミジ越しに「風神雷神図屏風」(複製)
や襖絵「舟出」が眺められるという粋な演出がとてもよく写真映えも大変いいスポットです。
また、「風神雷神図屏風」(複製)がある部屋はかなり広い畳でこちらでゆっくりとくつろぎ
ながらお庭を楽しむのがとてもおすすめです!!

そして、建仁寺で見逃し厳禁なのが法堂の「双龍図」です!

DSC09995

108畳分の「双龍図」は迫力満点で見るだけで圧倒されるほどのパワーがあります。

色々な見所がある【建仁寺】。是非、行ってみて下さい!

【建仁寺(けんにんじ)】

住 所:京都市東山区大和大路四条下ル小松町584
電 話:075-561-6363 ホテルから約30分
交 通:ホテル ⇒ 市バス12系統「堀川中立売」乗車 ⇒ 「四条京阪前」下車 ⇒ 徒歩約10分
拝 観:10時~16時30分(16時受付終了)
料 金:境内無料 方丈・法堂500円
交通費:230円

次にご紹介させて頂くのは【三千院】です!

天台宗五箇室門跡のひとつである【三千院】。京都洛北の紅葉の名所であり、春には「桜」と
「石楠花」、初夏には「紫陽花」といった四季折々に季節の花を楽しめるスポットで、こちら
にも【モシュ印】と【コケ寺リウム】があります!

現在公開されている「三千院」の【モシュ印】はこちら↓

DSC00053

建仁寺を代表する「聚碧園(しゅうへきえん)」・「往生極楽院」・「わらべ地蔵」
のコケ寺リウムはこちら↓

DSC00039「聚碧園(しゅうへきえん)」

DSC00047「往生極楽院」

DSC00049「わらべ地蔵」

建仁寺の中でも私のおすすめスポットは「コケ寺リウム」で再現されている「聚碧園」です!

DSC00067

こちらの「聚碧園」は刈り込みの美しい庭で縁側に座って眺めるのもよし、お茶席も近くに
あり、お茶を頂きながらゆっくりとした時間を過ごしながら楽しむも良しと見ていて緑による
癒しを堪能する事ができます!また、【コケ寺リウム】が展示されている部屋に一番近い庭
ですので、【コケ寺リウム】と実際の庭を見比べてみるのもいいと思います!

三千院の写真スポットとして外せないのが、【苔】と【わらべ地蔵】です!

DSC00079 DSC00100

三千院は京都の苔の名所でも知られ、撮影にいった日は雨でしたが、そのおかげで、
苔が青々としていてとても綺麗でした!

また、三千院も紅葉の名所ですので、見頃を迎える11月中旬(例年)には紅葉の
彩られた【往生極楽院】や紅葉と苔とわらべ地蔵のコラボなどが楽しめるスポット!

【三千院(さんぜんいん)】

住 所:京都市左京区大原来迎院町540
電 話:075-744-2531 ホテルより約60分
交 通:ホテル ⇒ 徒歩約10分 ⇒ 市バス201・203系統「堀川今出川」乗車
⇒ 市バス「出町柳駅前」下車 ⇒ 徒歩約3分 ⇒ 京都バス16・17系統「出町柳駅前」乗車
⇒ 京都バス「大原」下車 ⇒ 徒歩約10分
拝 観:8時30分 ~ 17時30分 (17時受付終了)
料 金:700円
交通費:690円

【モシュ印】と【コケ寺リウム】は11月30日までの公開予定です。今回ご紹介した「建仁寺」
・「三千院」のほかにも「東福寺」や京都一乗寺にある「圓光寺」、嵐山にある「常寂光寺」
の五か所で開催されています。どの場所も紅葉と苔の名所でもあるスポットですので、
ご興味のある方は是非行ってみて下さい!

■2018年初秋「モシュ印・コケ寺リウム」キャンペーン
【開催期間】2018年9月1日(土)~11月30日(金)
※モシュ印・コケ寺リウムの公開時間は各寺院の拝観時間に準じます
【対象寺院】建仁寺・三千院・圓光寺・東福寺・常寂光寺
※法要などにより、寺院の拝観が休止となる場合、モシュ印・コケ寺リウムもご覧いただく
ことはできません
※モシュ印・コケ寺リウムの観覧には、各寺院の拝観料が必要です。

最後にご紹介させて頂くのはおすすめランチスポットで、ホテルから徒歩で約5分の所にある「お粥と京野菜中華 福住」です!

DSC00114

地元京都産のお米を使い、じっくりトロトロになるまで煮込んだ身体に優しいお粥と、
こだわりの京野菜をたっぷり使った中華料理のお店で、【ランチセット】を注文しました!

このランチセットですが、冷菜として京水菜自家製ドレッシング・小さな卵焼きスイートチリソース・蒸し鶏の特製ソースかけがあり、鶏のから揚げか日替わり料理のどちらかが選べ、
お粥またはライス&スープも選べます!

今回は鶏のから揚げとお粥を注文しました!

DSC00115 DSC00119

ボリュームもしっかりあり、またデザートとして杏仁豆腐・開口笑(小さな揚げ団子)が
ついて1,200円(税込)というお値段です!味もとても美味しく、お腹も満たされ、
大満足でした!ホテルから徒歩で行ける場所にありますので、昼食場所を探している時に
是非行ってみて下さい!

【お粥と京野菜中華 福住】

住 所:京都市上京区中立売通大宮西入新白水丸町454-1
電 話:075-441-0503
アクセス:ホテル ⇒ 徒歩約5分
定休日:月曜日 (祝日の場合翌日)

ザ グランリゾート エレガンテ京都 おすすめイベント

・初秋の京都満喫ツアー

今回は20品種800万本もの色とりどりのコスモスが咲き乱れる【亀岡夢コスモス園】、保津川と風光明媚な山峡の景色を楽しめる【トロッコ列車】、「源氏物語」の光源氏が造営した「嵯峨の御堂」に目される寺院【清凉寺】、国宝第1号の飛鳥時代の国宝彫刻「木造弥勒菩薩半跏像」がある【広隆寺】を巡るツアーです。

実施日:平成30年1015日(月)※前日・当日ご宿泊の方対象

料 金:16,000円(税込) ※ご宿泊(和み会席)料金別途必要
            (ジャンボタクシー代・昼食代・トロッコ列車代・拝観料を含みます。)

時 間:8時45分 ホテル2階フロントロビー集合

オリジナルツアー行程表 (予定)
9:00 ホテル出発 → 10:00 ~ 11:00 亀岡コスモス園 散策
→ 11:29 ~ 11:55 亀岡トロッコ列車 → 12:00 ~ ご昼食
→ 13:15 清涼寺 拝観 → 14:30 広隆寺 拝観 → 16:00 ホテル到着

初秋の京都満喫ツアーのチラシはこちら⇒2018年10月初秋の京都満喫ツアー

・大覚寺「 戊戌 (ぼじゅつ)開封法会」と嵯峨菊巡りツアー

今回は60年に一度しか特別公開されない「勅封般若心経戊戌(ぼじゅつ)開封法会」とその
大覚寺門外不出の秘伝花「嵯峨菊」展覧、祇王寺と法金剛院の「嵯峨菊」を巡るツアーです。

実施日:2018年115日(月)※前日・当日ご宿泊の方対象

料 金:15,000円(税込)※ご宿泊(和み会席)料金別途必要
    (ジャンボタクシー代・昼食代・拝観料などを含みます。)

時 間:9時00分 ホテル出発 ※ホテル集合:8時45分

秋 の 紅 葉 満 喫 ツ ア ー 行 程 表 (予定)
9:00 ホテル 出発 → 9:30 大覚寺「戊戌開封法会」
→ 10:45 祇王寺 拝観・散策 → 12:00 ~ 13:00 ご昼食
→ 13:30 法金剛院 拝観・散策 → 15:00 ホテル 到着

大覚寺「 戊戌 (ぼじゅつ)開封法会」と嵯峨菊巡りツアー
のチラシはこちら⇒2018年11月大覚寺と嵯峨菊ツアー

これから秋のハイシーズンに向かう京都。10月・11月もまだまだお部屋の空きがございます
ので、気候も過ごしやすく絶好の観光シーズンを迎える京都に是非お越しください!

ザ グランリゾート エレガンテ京都 空室状況

ザ グランリゾート エレガンテ京都 10月・11月イベントチラシ

GRE京都 イベントチラシ 平成30年10月

GRE京都 イベントチラシ 平成30年11月

GRE京都 イベントチラシ 平成30年11月~12月

ザ グランリゾート エレガンテ京都にご宿泊予定の皆様へ

京都市宿泊税について

京都市では2018年10月1日の宿泊分から京都市宿泊税が課税されます。
ザ グラン リゾート エレガンテ 京都にご宿泊される皆様に、200円の宿泊税をご負担いただきます。

詳しくは、京都市ホームページをご覧下さい。
http://www.city.kyoto.lg.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加